バロンチェアを4ヶ月使ってみた感想

高級オフィスチェアである「バロンチェア」の座り心地。高いものだけれど一回座っただけじゃ分からないという人は多いのではないでしょうか。 そこで、今回はバロンチェア4ヶ月ユーザーの私が使用した感想をまとめてみました。

座ってみた感想

ヘッドレストが邪魔

意外とヘッドレストは邪魔に感じることが多い箇所でした。
後傾姿勢サイコー!ではありますが、それでも稀にちょくちょく前傾で作業することがあります。
前傾になるとヘッドレストが若干前に出てきているため、肩の上に頭が乗らず肩がこってしまいます。
折角可動ヘッドレストなのに、後ろ側に可動してくれず邪魔してくるというのはいかがなものかと。
ただ、念を押しておくと後傾姿勢の時のヘッドレストは最高。

ランバーサポートが痛い

支えてくれている感は確かにあるのですが、硬いものを押し付けられているという印象が強く、背骨にあたって痛くなり休憩、という状態でした。
我慢して数ヶ月使ってきましたが、結局外したほうが快適に座れるようになりました。
ただし、個人差はあると思うので実際に座って確かめてみることをおすすめします。

グラつきがある

後傾姿勢で作業しているときは全然気にならないのですが、前傾姿勢で作業している時に軸が緩んでいるのかグラつきを感じます。
高級オフィスチェアだからグラつきはないだろうと思い込んでいた分これが一番残念だった点です。
ただ、ネットで調べてみた限り同様の症状で悩んでいる人がいなかったので、グラつきやすい椅子、というわけではなさそう。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
あまり良い点が書かれていないのはバロンチェアが良くないからでは決してなく、良いものである前提(値段的にも評判的にも)があるからです。
高い買い物であることは間違いないので、自分にあった椅子を買いたいですよね。
いろいろなところで言われていることではありますが、できれば何度も座らせてもらうのが一番です。
高級オフィスチェアの購入を考えている方の参考になれたら幸いです。